誰でも出来る!働く女性のための資産形成
月1万円の貯金を投資に変える資産形成

人生100年時代のお金の学校とは

人生100年時代を生きる私たち、その子どもたちのためにお金の知識と情報を提供するオンライン講座

これまでの常識を疑ってみよう!

教科書で勉強してきた歴史などもそうですが、これまで常識だと思われていたことが実は違っていたということはよくあることですね。

小さい頃から、とにかく「貯金しなさい」と言われてきた記憶はないですか?

私たちはいつしか「刷り込み」という形で、無意識にお金の教育を受けてきた結果、今の私たちの「常識」が形成されています。

これが常識だと思っていませんか

  • 社会人になって一人前になったんだから保険に入るのが当たり前・・・
  • 結婚したらマイホームを購入、生命保険に入るのが当たり前・・・
  • 子どもが生まれたから学資保険に入ってお金を貯める
  • 住宅はどうせ買うなら新築がいいに決まっている
  • 保険で貯蓄すればリスクはないから、老後資金は個人年金保険で貯める
  • 投資はテクニックだ、テクニックさえ磨けばお金儲けができる・・・
  • 結婚したらマイホームを購入、生命保険に入るのが当たり前・・・
「私たちの常識」が間違っていることに少しでも早く気づいて、新たな常識に塗り替えていくにはお金の勉強が必要です。

「人生100年時代のお金の学校」で学ぶことで「お金の悩み」が解決し、これまでの働き方を見直すことにつながったり、人生を最適化できるようになったりします。

場所を選ばないオンライン講座で気軽にお金の勉強をスタートして、これまでの常識を今すぐアップデート!

保険料が月1万円以上なら
「お金の健康診断」を!

お金の増やし方はダイエットと同じ

お金を増やすためにまずやるべきことがあります。

それは、投資ではなく、「保険の見直し」です。

なぜなら、日本人は保険に入りすぎている傾向が強いからです。

お金の増やし方は、ダイエットのやり方と同じです。

急に筋トレをしたり、ジョギングをしてしまうと、膝や腰を痛めてしまいます。

なので、お金を増やすために、急に投資を始めてはダメです。

まずは、「お金の使い方」の現状をチェックして節約、ダイエットと同じように、まず「減量」することが必要です。

そのうえで、「筋トレ」を行うという流れになります。お金でいうと、「投資」に該当します。

保険に入りすぎているかどうかのラインは、「ひと月の保険料が1万円」となります。

「お金の健康診断」では、あなたにその保険が本当に必要かどうかを客観的に判断します。

資産形成が必要とされる 3つの理由
なぜ今、資産形成が必要なの?

理由① 老後資金の不足

2050年は2.5人に1人が65歳以上

人生100年時代は長生きがリスクとなる時代に!
年金制度は存続するも支給年金額では生活費が不足してしまう・・・

2020年

2050年

老後の生活費はどのくらい不足する?

ゆとりある老後生活に不足する金額
月額12万6000円
(生命保険文化センター)

最低でも老後30年で4536万円

金融庁レポートでは老後2000万円必要、ただ不足する金額は人それぞれ違う・・・
あなたは自分が将来もらえる年金額を把握していますか?

ちゃんと貯金しておけば大丈夫?

理由② 超低金利と消費税

貯金するほど損をしてしまう、お金が減ってしまう・・・

正確に言うと、お金の価値が減る

貯金しても金利は0.001%で利息はほぼゼロでお金は増えない・・・

30年後の物価は今と同じ?
いずれ消費税が15%、20%に!
増税分と同じ割合でお金を増やさないと同じ買い物はできない・・・

お金はあくまでも何かと交換するためのツールに過ぎない・・・

月3万円を30年間休まずコツコツ貯金しても1080万円にしか
3万円×12カ月×30年=1080万円
あなたは貯金だけで足りますか?

そもそも日本経済のルールは・・・

理由③ 資本主義

フランスの経済学者トマ・ピケティの21世紀の資本によると、格差は拡大していく・・・

資本収益率 r  >  経済成長率 g

資産r(投資)によって得られる富は、労働g(給料)によって得られる富よりも大きい・・・

つまり、あなたが働くことによって得られる利益よりもお金が働くことによって得られる利益の方が大きい

新型コロナで大変な時期なのに投資?

100年に一度

コロナショックの前はトランプショック東日本大震災、100年に一度と言われたリーマンショック

あなたは、服を買うときにバーゲンセールと知っていたらそのときに買いませんか?
今がそのバーゲンセール、しかも100年に一度だとしたら・・・?

人生100年時代は資産形成が不可欠に

資産形成を始められない理由

  • 投資の知識がないから心配
  • 忙しくて時間がない
  • 暴落するのが怖い
  • 何から始めていいのか分からない
  • 株式、FX、投資信託、不動産、どれがいいのか分からない
  • 忙しくて時間がない

すべて解決することができます!

投資に関する知識がなくても大丈夫です。

仕事が忙しくて時間がない場合でも大丈夫です。

どこの金融機関で、どのような金融商品を選ぶべきか、具体的な資産形成の方法まで学ぶことが出来ます。


あなたに合う資産形成をプランニング

ライフプランを作成し、あなたに適した資産形成の方法をご提案します

資産形成をすればどうなるの?

年率4~6%で資産形成すると貯金の2倍以上に!

お金は・・・あなたが食事をしているときも、仕事をしているときも、そして寝ているときも、そして遊んでいるときも働いてくれます

●月々3万円を30年間休まずコツコツ貯金/1080万円
●月々3万円を30年間4%で賢く積み立て/2082万円
●月々3万円を30年間6%で賢く積み立て/3013万円


月に3万円を30年間ずっと貯金したとしても、1080万円にしかなりませんので、やはり人生100年時代は労働所得だけで乗り切るのは難しい時代と言えます。

では、どうしたらいいのかというと、「お金にも働いてもらう」ことが必要になってきます。

例えば、学資保険だと18~22年でやっと105%にしかならない
仮に、3~5%で18年資産運用すると、132~161%にもなる

どうしてそんなに増えるの?

複利効果

天才物理学者アインシュタインが「人類最大の発明」と呼んだ「複利」による効果

投資期間が長いほど単利と複利の差は大きくなる

出典:金融庁HP

こんな方はこの講座に向いていません

投資はテクニックだから、テクニックさえ勉強すればお金儲けができると考えている方

今すぐにお金を増やしたいと考えている方
(投資ではなくギャンブルをお勧めします)

情報収集が目的となってしまって、いつまでも行動できない

3つの個別コンサル
(オンライン・ライブ形式)

(1)個別コンサル120分コース

  • 理解度に合わせて受講できる
  • 今すぐ資産形成を始めたい方向け
  • リスク診断で、あなたに合った資産形成をカスタマイズ

120分コース 内容

  • 個別コンサル 〇
  • メール相談 〇
  • オンライン相談 〇
  • 電話LINE相談 〇
  • ライフプラン作成(追加可能) ×
  • スタートアップサポート ×
  • 投資リスク診断 〇
  • 将来の年金額診断 ×
  • 保険、住宅ローン、相続相談 〇
  • ライフプラン見直し ×
  • リバランス ×
  • メール相談 〇

(2)個別コンサル3カ月コース

  • 理解度に合わせて受講できる
  • 今すぐ資産形成を始めたい方向け
  • スタートするまでサポートして欲しい方
  • ライフプランを作成して、あなたに合った資産形成をプランニング
  • 受講後3か月間、何度でも質問ができます!
資産形成をスタートする際に大切なのが、「現状把握」「将来設計」です。

つまり、なぜ資産形成が必要か、その目的をはっきりとさせておく必要があります。

30年先の将来、または人生100年のライフプランを作成してお金の流れを「見える化」します。

これによって、どのくらいの金額で資産形成をスタートさせたらよいかということが分かってきます。

3か月コース 内容

  • 個別コンサル 〇
  • メール相談 〇
  • オンライン相談 〇
  • 電話LINE相談 〇
  • ライフプラン作成 〇
  • スタートアップサポート 〇
  • 投資リスク診断 〇
  • 将来の年金額診断 〇
  • 保険、住宅ローン、相続相談 〇
  • ライフプラン見直し ×
  • リバランス ×
  • メール相談 〇

将来設計を重視した資産形成がしたい

(3)個別コンサル1年コース

  • 個別オンライン講座で理解度に合わせて受講できる
  • 将来設計を重視した資産形成を始めたい方向け
  • 受講後1年間、何度でも質問ができます!
  • 1年後のライフプラン見直し・リバランスも

1年コース 内容

  • 個別コンサル 〇
  • メール相談 〇
  • オンライン相談 〇
  • 電話LINE相談 〇
  • ライフプラン作成 〇
  • スタートアップサポート 〇
  • 投資リスク診断 〇
  • 将来の年金額診断 〇
  • 保険、住宅ローン、相続相談 〇
  • ライフプラン見直し 〇
  • リバランス 〇
  • メール相談 〇

コツコツ積立て資産形成│受講のながれ

STEP 1
お申込み
ご希望される受講コースをお申込みいただきます
STEP 2
お支払い
お申込み後、クレジット決済またはコンビニ決済で、お支払いいただきます

クレジットカード決済
VISA/マスターカード

コンビニ決済
ファミリーマート/ローソン/ミニストップ
STEP 3
日程調整
お支払い完了後、テキストの発送、メールにて受講日程の調整を行います
STEP 4
オンライン講座
個別コンサルを受講していただきます

STEP 5
ご相談
受講終了後、各コースに応じて何度でもご相談が可能です

STEP 6
ライフプラン作成
ライフプラン作成を行います(120分コースは除く)

受講終了後、ご用意いただく物などをご連絡いたします
STEP 7
資産形成コンサルティング
作成したライフプランを参考にしながら、投資リスク診断を行い、一緒に投資プランを検討していきます
STEP 3
日程調整
お支払い完了後、テキストの発送、メールにて受講日程の調整を行います

ご依頼者からご感想を頂きました!

川崎市 30代ご夫婦 M.Yさま

ライフプランニングを受けて

今回は、新しい家族が増えるにあたり、ご相談をさせていただきました。

住居購入のタイミングや大型の支出への備えのアドバイスだけでなく、これから発生すると予想される衣服関連費用や光熱費等日常生活にも目を向けた視点でライフプランニングをしていただき、より現実的な見方ができました。

「お金に余裕が無さそうな時期はいつ頃なのか?」を早めに知ることができ、時間に余裕をもって対策ができるので、これからの人生設計の参考にできました。

今回だけでなく、5年後10年後にも定期的に再びご相談したいと思っております。
 

また、人生設計に必要な、お金の知識についても、アドバイスいただきました。

私たちの子供たちにもお金の教育をしていきたいと思っております。

感謝のメッセージを頂きました!

黒田智津子さま

セミナーを受けて
フリーのFPという強みを活かした、時間を目いっぱい使った充実した内容でした。

お金の増やし方には「守り」と「攻め」がある。
中でも、人生で2番目に高い買い物である保険に対して、この低金利時代には堅い守りが必要だと知り、衝撃でした。

投資したいけど、元手がない・・・と思っていましたが、家族全体の保険や支出を見直すことで窮屈な思いをせずに、少しずつ投資に回すことができそうです。
セミナー後の相談で
セミナー後の相談で、離れて介護施設に暮らす父のことを相談しました。

教えていただいた税金の還付申請により、税金が戻り、「住んでいないが売りたくない」という実感の固定資産税分をまかなうことができるようになりました。

新型コロナの影響もあって、介護施設に支払うお金は増えてしまいましたが、余計な保険に入る必要はないと教わり、父の預金口座に少し余裕ができたため、安心して施設にお任せすることができました。
ありがとうございました。
セミナー後の相談で
セミナー後の相談で、離れて介護施設に暮らす父のことを相談しました。

教えていただいた税金の還付申請により、税金が戻り、「住んでいないが売りたくない」という実感の固定資産税分をまかなうことができるようになりました。

新型コロナの影響もあって、介護施設に支払うお金は増えてしまいましたが、余計な保険に入る必要はないと教わり、父の預金口座に少し余裕ができたため、安心して施設にお任せすることができました。
ありがとうございました。

ママになってはじめて考える「お金」

学資保険で貯める時代は終わり!

長い間、教育資金は学資保険で貯めていくというのが「常識」とされていました。

しかし、今や超低金利、マイナス金利の時代・・・

それでも銀行に預けるよりはということで、学資保険に入ってしまう方もいるかもしれません。

でも、学資保険ってどのくらいお金が増えるかご存知ですか?

18年も掛けてたったの105%の返戻率だったり、商品によっては15年も掛けて元本割れしてしまうものさえも。

将来の年収が変わる!マネー教育

マネー教育が必要と感じる親は9割

将来の収入に差が出るのは学力教育だけではありません。

マネー教育によって金融リテラシーが高いと年収も高くなるという調査結果もあります。

これからを生きる子どもたちには自分を守るためにもマネー教育は欠かせないものとなります。

保険、住宅ローン、遺産相続のご相談

現在加入している生命保険の見直し住宅ローン、また、これから住宅購入を検討されている方のご相談も可能です。

今後の遺産相続、相続税などに関するご相談も承っています。

よくあるご相談事例

  • 生命保険については、終身保険がいいのか、定期保険がいいのかという相談
  • 住宅ローンについては、変動がいいのか、固定がいいのかという相談
  • 住宅購入については、新築がいいのか、中古がいいのか戸建てがいいのか、マンションがいいのかという相談
  • 住宅ローンについては、変動がいいのか、固定がいいのかという相談

知らずに損する金額は1500万円

思わぬ落とし穴がいっぱい!

金融業界、特に生命保険の業界、そして不動産業界においては思わぬ「落とし穴」がたくさんありますので、知らずに損をしてしまうことが少なくありません。

はじめて住宅を買う人のためのサイト

住宅購入は思わぬ「落とし穴」がいっぱい

お金の増やし方が分かる10日間のメール講座(無料)

1日1回、10日間に渡ってメール配信されます。
忘れずにメールをチェックして下さいね。

もし、届いていない場合は迷惑メールフォルダに入っているかもしれません。

申し遅れました・・・

こんにちは、佐藤です。


平成から令和に時代も変わり、それに合わせたかのように金融庁からレポートが提出され、人生100年時代には老後2000万円が必要と言われるようになりました。


金融庁レポートが話題になる前は、老後3000万円と言われていたので違和感がありましたし、人それぞれ老後に必要となるお金は違うので、「老後2000万円」と決めつけてしまうのはどうかと思いますが・・・


いずれにしても公的年金だけでは無理があって老後資金は不足してしまうことに違いはありません。


金融庁レポートは、人生100年時代を生きる皆さんへの警鐘ではないでしょうか。


ところで、私は今でこそファイナンシャルプランナーとしてお金に関する相談を受けていますが、もともとお金の関しては素人でした


興味がある方はプロフィール詳細を見てくださいね。

講師│プロフィール

ファイナンシャルプランナー
佐藤 健人(さとう たけと)

秋田県出身・一児の父

【保有資格】
ファイナンシャルプランナー/行政書士/宅建士

【趣味】
毎日投資すること

プロフィール詳細はこちら

ブログ記事

イデコの元本確保型、「元本確保」なのに元本割れしてしまう!?

銀行などの金融機関から、イデコは節税にもなって預金よりもお得ですよと、イデコの利用を案内された方は少なくないのではないでしょうか。

イデコは、元本割れリスクのある投資信託で運用する「元本変動型」だけじゃなく、元本割れリスクのない定期預金や保険で運用する「元本確保型」もあるから初心者の方でも安心ですよという話とか。

実は、イデコ・個人型確定拠出年金にある「元本確保型」、これって「元本保証」とは別物って理解されていますか?

幸せをお金で買う!?
コスパのいい、幸せの賢い購入方法

お金で買えないものはないというほど何でもお金で買えてしまう時代になりましたが、お金があれば「幸せ」も買えてしまうのでしょうか。

お金があるだけで必ずしも幸せになれるわけではないけど、お金があることで「不幸」を回避することが出来ると言われたりします。

今さらだけど知りたい!
資産形成は「NISA」と「つみたてNISA」のどっちがいいの?

NISAは2014年から、つみたてNISAは2018年からはじまりましたが、まだ資産形成をスタートしていない人から「どっちがいいの?」という質問をよく頂きます。

単に、NISAをやればいい、つみたてNISAをやればいいというように、NISAやつみたてNISAが金融商品だと勘違いしている人もいるようです。

個人年金保険で老後資金を準備しちゃダメなの!?

皆さんはこんな感じで、個人年金保険の提案を受けたことはないですか?

  • 超低金利の時代だから預金よりお金が貯まる個人年金保険がいいですよ
  • 個人年金保険だと所得税・住民税が節税できるのでお得ですよ健康上の
  • 理由で保険に入れない人でも個人年金保険なら大丈夫ですよ

金利の高かった時代はともかく、超低金利となった今では個人年金保険だけでなく、「保険でお金を増やす時代」はもう終わっています。

超低金利の時代だからこそ、賢く消費してお金を増やそう!
賢くお金を消費する方法

超低金利の時代となった今、預金でお金を増やすのは難しいですよね。

100万円を預金しても一年で10円の利息しか付かない時代です。

ところで、皆さんは買い物をする際に「現金」で支払いますか、それとも「現金以外」で支払いますか?

「同じ物を買うなら少しでも安く買いたい」という方が多いと思いますが、「同じ物を買うなら少しでもお金を増やせたらいい」と思いませんか?

「買い物するのに、お金を増やすって・・・」と思われた方は、どうぞ続きを!

相続税はお金持ちが払うもの!?
もう他人事では済まされない相続税

2015年に相続税が改正され、それまで相続税を支払う必要のない人も相続税がかかってしまう可能性が高くなってしまいました。

最高税率も55%まで引き上げられての相続税の増税です。

相続税がかかってしまうかどうかを決めるボーダーラインとなるのが、「基礎控除」というものです。

改正前までは、「5000万円+1000万円×法定相続人の数」となっていましたが、改正により、「3000万円+600万円×法定相続人の数」となりました。

相続税の改正により、相続税を納めることになった相続人の数は、およそ10万人も増えたとのデータがあります。

夢のマイホーム、
「住宅は資産になる」は本当!?
住宅購入と賃貸、どっちがお得?

夢のマイホーム、買った方がいいとか、そうでもないとか・・・。

はじめて、住宅購入を検討されている方は、まず「住宅購入と賃貸、どっちがお得か」というテーマに悩まされることだと思います。

住宅購入も、賃貸もそれぞれメリット、デメリットがあって、どっちがお得なのか比較するのは難しいと言えます。

損得勘定も大切ですが、お得かどうかというより、どっちが適しているかと考えるべきではないでしょうか。

例えば、賃貸のままで家賃の支払いが勿体ないからといって、住宅購入を選択してはいけない人が無理に住宅ローンを組んで買ってしまったとしたら、悲惨な老後になってしまうでしょう。

「マイホームは資産になりますから」といった、住宅営業マンの甘い言葉を安易に信用してはいけません。