ママになって初めて考える「お金のこと」

教育資金っていくら必要?
どうやって貯める?

こんなお悩みはありませんか?

  • 早いうちから教育資金、貯めていかないと・・・
  • やっぱり教育資金は学資保険がいいのかな・・・
  • 教育資金って、いくら必要なんだろう・・・
  • お金のことって、誰に相談したらいいの・・・
  • やっぱり教育資金は学資保険がいいのかな・・・

もしかして、「学資保険」で教育資金を貯めようとしていませんか?

もし、そうなら

今すぐに考え直しましょう。

なぜなら、学資保険に頼って教育資金を準備する時代はすでに終わっているからです。

18年掛けても105%、元本割れも

私たちの両親の時代は金利が高かったので、教育資金は学資保険で貯めていくというのが「常識」とされていました。

しかし、今や超低金利、マイナス金利の時代・・・

それでも銀行に預けるよりはということで、学資保険に入ってしまう方もいるかもしれません。

でも、その学資保険でさえ、18年も掛けてたったの105%の返戻率だったり、商品によっては15年も掛けて元本割れしてしまうものさえも。

「一括払いすると、返戻率が高くなりますよ」という誘いもあるようですが、20年経過しても110%を超えることはないようです。


金利が高かった時代とは違い、今は保険で貯蓄することには「落とし穴」がいっぱいです。

20年後の物価、消費税などがどうなっているかも考える必要があるのではないでしょうか・・・


こんな提案、受けていませんか?

学資保険より外貨建て終身保険

学資保険より変額保険

実はメリットよりもデメリットの方が

保険で貯蓄する「メリット」

  • 預貯金よりも貯まる(かもしれない)
  • 親が死亡したら保険料が免除(学資保険)
  • 親が死亡したら保険金がある(終身保険)
  • 生命保険料控除がある
  • 親が死亡したら保険料が免除(学資保険)

保険で貯蓄する「デメリット」

  • 途中解約すると元本割れしてしまう(保険料を払い続けるリスク)
  • 保障のためのコスト(保険料)が必要
  • 為替リスクがある(外貨建て)
  • 運用実績による元本割れのリスク(変額保険)
  • インフレに弱い
  • 保険会社の破綻の可能性
  • 保障のためのコスト(保険料)が必要

マネープランを作成することが大切

将来の教育資金を検討するにあたって、大切なことは「学資保険」で貯めるかどうかという選択肢を検討することではありません。


残念ながら、多くの方が人生で初めて「お金のことを考えるステージ」で間違った方法を取ってしまいます。


その第一歩が「学資保険」だったりします。


大切なのは、教育資金が必要となる18年、20年先までのお金のシミュレーションを行う、つまりマネープランを作成することです。


その上で、自分たちに必要なのは「保険を使った運用」なのか、それとも「投資による運用」なのかを検討すべきなのです。


マネープランを作成することで、将来までのお金がすべて数字で「見える化」することができます。

学資保険で「教育費のすべて」を準備できるわけではないということ

「学資保険」で貯めることはできるのは、あくまでも教育資金の一部に過ぎず、せいぜい200万円程度です。


もちろん支払う保険料によって受け取れる金額も違ってきますが、保険料を上げ過ぎてしまうと、保険料を支払っていけないリスクにさらされてしまいます。


保険料の支払いをボーナスなどに頼ってしまうと後で大変なことになってしまう可能性があります。


学資保険の最大のリスクは「途中解約できない」ことです。


もし、途中解約してしまうと払ってきた金額の50%~70%くらいしか戻ってきませんので、家計が厳しくなったとしても保険料を払い続けなければならないのです。


「賢いお金の増やし方」を知ると

こうなります!

これは、実際に私が行っている資産形成です。

貯金のように積み立てるだけの誰でも出来る「賢いお金の増やし方」です。

2020年12月9日現在

2021年1月13日現在

2021年2月18日現在

2021年3月16日現在

2021年4月13日現在

2021年5月11日現在

2021年6月14日現在


貯金みたいに積み立てるだけで
「自動的にお金が貯まっていく」


昨年12月9日時点でプラス28万2398円だったのが、今年6月14日時点でプラス70万円以上に。

この「賢いお金の増やし方」を知らずに貯金してしまっているとすれば、それは非常に勿体ないです。

なぜなら、もしこれが「貯金」だとしたら10円も増えていないからです。

私は、この「賢いお金の増やし方」を知るのにとても時間がかかってしまいました。出来ることなら、10年前の自分に教えてあげたいです。

なので、このことはなるべく若い方に知って欲しいです。
例えば、子どもが生まれて、これから教育資金を用意していこうと考えている世代の方とかに。

こんなお悩みにも応えます!

  • 子どもが生まれる前に保険のことや教育費のことを考えておきたい

  • 今入っている保険は自分たちに合っているのか分からない

  • 保険だけでなく住宅購入も考えている

  • 万一の保障はどのくらい必要なの?

  • 学資保険以外で貯蓄する方法はあるの?

  • こども保険は必要なの?

10日間でお金の増やし方が分かるメール講座(無料)

1日1回、メールを配信していきます。


実際に、メール講座だけで300万円以上ものお金が変わった方も少なくありません。

お金の増やし方を知りたい方は、是非お申込みください。
今なら無料で、ライフプラン「簡易診断」も受けられます!

申し遅れました・・・

ファイナンシャルプランナーの佐藤です
どの金融機関にも属していない完全独立フリーランスのFPです。


よくある「保険相談」は保険営業の一つとして行われているもので、必ず最後にパンフレットを並べられて、「これがおススメです」という感じになると思います。


保険会社の代理店ではないので、あなたに適したアドバイスをすることができます。

例えば、どの保険がいいというのではなく、「あなたにこの保険は不要ですよ」ということもハッキリお伝えしています。


プロフィール詳細はこちら
ファイナンシャルプランナーの佐藤です
どの金融機関にも属していない完全独立フリーランスのFPです。


よくある「保険相談」は保険営業の一つとして行われているもので、必ず最後にパンフレットを並べられて、「これがおススメです」という感じになると思います。


保険会社の代理店ではないので、あなたに適したアドバイスをすることができます。

例えば、どの保険がいいというのではなく、「あなたにこの保険は不要ですよ」ということもハッキリお伝えしています。


プロフィール詳細はこちら