知らないと損する保険の「お金のこと」

「賢いお金の増やし方」教えます

保険の「お金のこと」を知らないと、500万~1000万円も損してしまいます。
なぜなら、保険は「人生で2番目に高い買い物」と言われているからです。

例えば、月3万円の保険料を支払っていた場合に保険の見直し診断を受けた結果、月1万円に見直しが出来た場合、20年間で480万円、30年間で720万円、40年間で960万円ものお金を節約することが出来ます。

あなたを誘う保険の落とし穴

実際の公開ページでは回答部分が閉じた状態で表示されます。
  • 定期預金が満期になったとき

    金融機関は、あなたが当面使う予定のないお金があることを知っていながら、「こちらのご預金は何かに使う予定が決まっていますか?」と聞いてきます。
    そして、今は金利が低いので預金ではなく、「生命保険を活用する方法」を提案してくるはずです。

    例えばこんな感じです。
    「マイナス金利政策が導入されてから、何か対策などは取られていますか?」という質問から始まり、マイナス金利の説明をしてから、預金金利がほぼゼロになってしまっているので、「預金以外で資産を持つ人が増えています」と。
    そこで、「当面使う予定のないご資金でしたら、生命保険を活用する方法があります」と、勧めてきます。
  • お金は少しでも増やしたいけど、リスクはとりたくない人におすすめ?

    金融機関は、リスクを抑えて着実に資産を増やす方法として、生命保険の活用を提案してきます。
    「リスクのある金融商品は避けたいという人も多いので、保険を活用した運用方法をご提案しています」と、あたかも保険を活用した運用はリスクがないように。
  • 教育資金の積立はもう何か始めていますか?

    結婚して改姓手続や子どもの預金口座を開設するときに、金融機関は必ずといっていいほど、「お子様の教育資金の積立はもう何か始めていらっしゃいますか?」と聞いてきます。
    そして、大学進学までに1000万~1500万円は必要になるとの説明があって、「まずは学資保険などを活用して積立を始めるみては」と勧めてくるはずです。
  • 教育資金の積立はもう何か始めていますか?

    結婚して改姓手続や子どもの預金口座を開設するときに、金融機関は必ずといっていいほど、「お子様の教育資金の積立はもう何か始めていらっしゃいますか?」と聞いてきます。
    そして、大学進学までに1000万~1500万円は必要になるとの説明があって、「まずは学資保険などを活用して積立を始めるみては」と勧めてくるはずです。

こんな状況ではないですか?

  • ファイナンシャルプランナーや専門家に「おまかせ」で保険に入ってしまっている
  • 保険証券の見方が分からず、保障内容があまりよく分かっていない
  • 医療保険、ガン保険など、合計すると保険料が月額1万円以上になってしまっている
  • 個人年金保険などの貯蓄型の保険に加入してしまっている
  • 銀行や保険会社などの「売り手側」にお金の相談をしてしまっている
  • 保険証券の見方が分からず、保障内容があまりよく分かっていない

もしそうなら、老後資金2000万円はまず無理です!

「個人年金保険」などの貯蓄型の保険で老後資金を貯めているという人は多いかもしれません。

でも、その方法では老後資金2000万円を貯めることはまず無理です。

なぜなら、保険はその売り手となる金融機関(銀行や保険会社)の手数料が高いからです。

例えば、保険料として100万円を支払って、運用していきたいと考えていても、そのまま100万円が運用されることはないのです。

保険の保障となる分、手数料となる分のお金が差し引かれた金額が運用に回されることになります。

そんな場合でも賢い保険の選び方を学べば大丈夫!

保険で失敗したことをきっかけにファイナンシャルプランナーになった私ですが、その後約10年間に渡って得た知識と経験をまとめてメール講座にしました。

無料で受けられるので、ぜひ将来のために「本当のお金の知識」を手に入れてください。
1日1回、5日間に渡って、メール配信されます。

こんなことが学べます

Step
1
その保障はいつまで?保険は期間が大事!
保険は、保障内容に目が行きがちですが、実は保障期間が大事です。
いくら内容が優れていても、10年やそこらで保障が終わってしまうようであれば、自身のライフプランに合致していないので役に立ちませんよね。
Step
2
保険料っていつまで払うの?
保険料、「高いもの」と「安いもの」があったら迷わず「安いもの」を選びますよね?
でも、その保険料って「いつまで支払っていく」のでしょうか・・・
Step
3
えっ、保険金もらえないの?
保険金、カンタンにもらえると勘違いしていませんか?
例えば、三大疾病についての保障ですが、がんになっても保険金がもらえない場合もあります。
ところで、「三大疾病」って何か分かってますか?
Step
4
保険で貯蓄してはいけない理由
もしかして、個人年金保険とかで老後資金を貯蓄していたりしませんか?
保険で貯蓄すればリスクがないと思い込んでいませんか?
保険で貯蓄してはいけない、その本当の理由とは?
Step
5
選ぶべき保険とは?
医療保険、がん保険、三大疾病保障保険、収入保障保険、学資保険、死亡終身保険、外貨建て終身保険、変額保険・・・、色んな保険があります。
誰もが選ぶべき保険とは?
Step
2
保険料っていつまで払うの?
保険料、「高いもの」と「安いもの」があったら迷わず「安いもの」を選びますよね?
でも、その保険料って「いつまで支払っていく」のでしょうか・・・

保険見直し診断で500万円節約も可能


こんな人は是非メールセミナーを


  • 毎月の保険料が1万円を超えてしまっている
  • 個人年金保険など、保険で貯蓄してしまっている
  • 加入している保険についてよく分かっていない
  • 保険に加入してから5年以上経過している
  • 個人年金保険など、保険で貯蓄してしまっている

「賢い保険の選び方」が学べる
5日間の無料メールセミナー

私が「10年間かけて得た知識と経験」をもとに作り上げた講座を「無料メールセミナー」として配信しています。

たったの5日間で、保険の考え方やこれからの人生が変わるはずです。
是非この機会に「本当のお金の知識」を手に入れてください。
今なら無料で「お金の健康診断」も!

今なら「お金の健康診断」が無料

無料診断だけでなく、メールセミナーで「賢い保険の選び方」も学べます。
5つの質問に回答するだけ!

お金の使い方で人生、老後が変わる

月3万円のお金の使い方次第で、人生、老後が変わってきます。

例えば、こんな感じです。
  • Aさんは生命保険(掛捨型)に1万円、個人年金保険(貯蓄型)に2万円で、資産形成はしていません。
  • Bさんは生命保険(掛捨型)に5000円、個人年金保険(貯蓄型)に1万5000円で、貯金を1万円です。
  • Cさんは生命保険(掛捨型)に5000円、資産形成として2万5000円を積み立てしています。

将来30年後、どうなるの?

たった月3万円のお金の使い方次第で、30年後の将来、こんなに差がついてしまいます。

Aさん、Bさん、Cさん、いずれも30歳だとすると、定年を迎える60歳の時点で大きく経済状況が変わってきます。

コツコツ資産形成を続けてきたCさんは、Aさんの2倍近くになっています。Bさんと比較してもプラス1000万円ほどです。

意外かもしれませんが、BさんはCさんと同じ金額を個人年金保険と貯金で積立をしていますが、30年後に1000万円も差がついてしまうということです。

保険見直し診断で得られる経済効果

診断事例

40代女性

月額25,000円の削減で、年間30万円もの節約が可能と診断されました。
もうすぐお子さんが社会人ということもあって、死亡保障の必要性も低くなっているというのがポイントです。
もし、心配のようなら死亡保障を半分だけ残すというアドバイスをさせて頂きました。
経済効果600万円

40代女性

年間で20万円の節約が可能と診断されました。

終身保障だと思っていた医療保険が10年の定期保障だったりと見直すべき点が多かったです。
経済効果400万円

30代女性

月15,000円の削減で年間18万円の節約が可能と診断されました。

必要のない手厚すぎる医療保障とほとんど貯まらない貯蓄型保険を削減することで節約が可能となりました。
経済効果540万円

40代ご夫婦

ほとんど増えない個人年金保険は解約して資産形成に回すことが出来ました。

現在の貯金などで医療費はすべて賄えると診断して頂いたので医療保険はすべて見直すことが出来ました。

貯蓄型保険の見直しも加えると経済効果は何と「1200万円」を超えてしまいました。
経済効果950万円

40代女性

年間で20万円の節約が可能と診断されました。

終身保障だと思っていた医療保険が10年の定期保障だったりと見直すべき点が多かったです。
経済効果400万円

さらに「賢いお金の増やし方」を
知って資産形成をしていくと

実際の資産形成状況はこちら

2020年12月9日現在

2021年1月13日現在

2021年2月18日現在

2021年3月16日現在

2021年4月13日現在

2021年5月11日現在

2021年6月14日現在

2021年7月6日現在


「賢いお金の増やし方」を知って
今すぐ資産形成を始ましょう!


「貯金みたいに積み立てるだけ」なので、誰でも出来てしまうこの「賢いお金の増やし方」を知らずに貯金しかしていないとすれば、それは非常に勿体ないです。

なぜなら、「貯金」の場合、100万円積み立てたとしても10円しか増えないからです。

もちろん貯金は必要ですが、人生100年時代となる私たちは「貯金だけ」でなく、資産形成をすべき世代です。

なぜなら、将来の「年金」にさほど期待できないという問題を抱えているからです。

申し遅れました・・・

こんにちは、佐藤です。

私は今でこそファイナンシャルプランナーとしてお金に関する相談を受けていますが、もともとお金の関しては素人でした。

ファイナンシャルプランナーになったのは、「保険で失敗したこと」がきっかけです。150万円も損してしまいました。

一生懸命に働いてお金を貯めても、「お金を守る」知識や「お金を増やす」知識がなければ、せっかくのお金がなくなってしまいます。

私の失敗した経験や成功した経験をもとに、多くの方のお役に立つことが出来れば嬉しいです。

FP佐藤のプロフィール

ファイナンシャルプランナー
佐藤 健人(さとう たけと)

秋田県出身・双子座・O型・一児の父です

【保有資格】
  • ファイナンシャルプランナー
  • 住宅ローンアドバイザー
  • 行政書士
  • 宅建取引士
  • 貸金業務取扱主任者

【趣味】
毎日投資すること

【継続したいこと】
子ども教育団体へのサポート